FIKA.Blog

CLIP STUDIO PAINT – パラパラ漫画の要領でアニメーションを作る

前回の記事では鳥の羽ばたきという数パターンの単純な繰り返しでGIFアニメーションを作りました。
今回はもう少しストーリー性のあるものを作ってみます。

と言っても特別な技術を使う訳ではなく、パラパラ漫画の電子版といった感じのものです。

GIFイメージ

アニメーションフォルダーごとに作成する

例えばキャラクターと背景がある場合、「アニメーションフォルダー」ごとにそれぞれ作成すると作業がスムーズになります。
今回はシーンごと、キャラクターごとにフォルダー分けしました。

最初に大まかなシーンの画を決めてから細かい動きに移っていきます。
(1)(2)引きと寄りのバッターボックスのシーン、(3)横から見たミートのシーン、(4)ホームランを打った後のベースランという4つを組み合わせたストーリーになっています。

image

  1. YouTubeの1080p(HD)でアップロードすることを想定し、画面サイズは1920×1080で作りました。
  2. 最初のシーンではピッチャー、バッター、キャッチャーのアニメーションフォルダーを作り、セルを追加していきます。

image

「オニオンスキン」で確認しながら描き進める

  1. 「オニオンスキン」を有効にすると前後のセルが透けて見えるようになります。
  2. 節目となるようなシーンを描いてから中間の動きを埋めていくイメージでいくとわかりやすいと思います。
  3. 前後のセルは2色で表示されるので、ちょうど中間部分を描き足すことでスムーズな動きにしていきます。

  4. 後はひたすら中間部分を描き足す、という作業を根気強く繰り返します。

image

«
Scroll Up