FIKA.Blog

Adobe Character Animator – パペットを動かす

今回はAdobe Character Animatorというアプリケーションを使ってアニメーションを作ります。
現在PCカメラとマイクがないので肝心の「人間の動きに合わせてキャラクターを動かす」機能が試せないのですが、だいたいの概要を理解することができると思います。

Character Animator

オリジナルパペットを作る

簡単なイラストを用意しました。あらかじめ動かしたい箇所(顔、体、右手、左手..など)をレイヤーごとに分けておきます。
Character Animatorの開始画面からテンプレートが選べます。今回は「クロエ」というテンプレートを上書きしていくことでオリジナルキャラクターを作ります。

オリジナルイラスト

  1. 「クロエ」のPhotoshop編集画面に自分の作った各レイヤーをドラッグします。
  2. パペット名を変更し、対応するレイヤーを自分の作ったレイヤーと置き換えていきます。
  3. 別名保存でデータを保存して完了です。

photoshopで編集

パペットを編集する

Character Animatorに戻り、ファイル / 読み込み から自分のパペットを読み込みます。

プロジェクトパネルのシーンマークをクリックするとパペットに「シーン」が追加されます。この「シーンモード」で動きを確認します。まだ目しか動きません。

「リグモード」に移り、編集します。パネルを見るとPhotoshop編集時に「+」マークが入っていたレイヤーに王冠マークがついています。これは「独立したパーツ」という意味です。
例えば「Head」や「Body」レイヤーを独立させると顔や体がバラバラになってしまいます。

Character Animator

右手・左手レイヤーを見ると王冠マークがついています。このままだと離れてしまうので、体に固定します。

  1. アームハンドルを手の付け根に持って行き、プロパティパネルの「タグ」から装飾子「固定」を選択します。これで肩に固定されました。
  2. 腕と手のひらに「ハンドルツール」でハンドルを追加します。このハンドルには装飾子「ダングル」を選択します。ダングルは「ぶら下がる」というような意味です。肩から下は自由に動くようになりました。

Character Animator

同じ要領で顔、体にもハンドルを追加します。足は地面から離れないようにピンツールで固定しました。
「シーンモード」のプロパティパネル「ドラッガー」を、「固定」→「基本姿勢に戻る」に変更すると動きが自然になります。
これでシンプルなパペットが完成しました。

Character Animator

ビヘイビアーを追加する

Character Animatorでは他に歩いたり、物理的性質を加えたりする「ビヘイビアー」という機能があります。
特にレイヤーを加えなくても実行できる「呼吸」を試してみます。

  1. 「Body」レイヤーを選択し、プロパティパネル / ビヘイビアーの+ボタン から「呼吸」を選択します。
  2. 「Body」のウエストハンドルに装飾子「呼吸」を追加します。「シーンモード」にするとキャラクターのお腹部分が膨らんでいるのが確認できます。

Character Animator

今回は基本的な機能を一通り使ってみました。

« »
Scroll Up