FIKA.Blog

CLIP STUDIO PAINT – パース定規を使ったイラスト

今回はCLIP STUDIO PAINTのパース定規を使ってイラストに透視図を取り入れました。
基本的なパース定規の使い方とベクターレイヤーを覚えるとイラストの幅が広がります。

image

下絵に定規を合わせる

ちょっと汚いですが下絵を用意しました。

ラインは「ベクターレイヤー」上に描いていくので、まず レイヤー / 新規レイヤー / ベクターレイヤー で下絵の上に新しいレイヤーを作ります。
レイヤー / 定規・コマ枠 / パース定規の作成 で「2点透視」を選びます。これでベクターレイヤーにパース定規が適用されました。

下絵のラインに合うように、消失点とハンドルを動かします。

パース定規

Clip Studio Paintのベクターデータは描いたラインが部分的に編集できたりします。ですがそのままコピー&ペーストしてAdobe Illustratorでパス情報を引き継ぐことはできません。その辺りは少し残念です..。

線画と着色

ラインが重なった部分をサッと消せる「ベクター用消しゴム」を使う機会が一番多いかもしれません。

パース定規付きのベクターレイヤーを複数コピーし、外壁・窓・屋根などレイヤーごとに分けて描いていきます。こうすると後で修正・調整がしやすくなります。

ベクターレイヤー

公式の創作支援サイトに記載がありましたが、補助線を利用した「パース上で等分する方法」が便利だと思いました。

線画が完成したら今度は通常のラスターレイヤーで色分けしていきます。これも色ごとにレイヤーを増やしていきます。
塗る時にはみ出さないように着色領域を決めることが目的なので、色は仮で大丈夫です。

着色

Photoshopで調整、仕上げを行う

Clip Studioは漫画などのイラストに特化していますが、色調補正や合成、テクスチャーなど画像処理系の仕上げはPhotoshopで行うことが多いです。
もちろんイラストのタッチによって様々だと思うので、必要に応じてこの項目は省いてもらって大丈夫です。

※Clip Studio → Photoshopにデータを移管すると定規やベクターなどの情報が失われます。そのため.psdデータで保存する前に必ず.clipデータを残しておきます。

塗りムラなどのテクスチャーを加えてレイヤーごとに色調補正をしたら完成です。

着色

« »
Scroll Up